FC2ブログ

動くロゴのための透過性ロゴフィルタ

ldpファイル内にあるロゴデータを上から順番に1フレームずつ使用し、
残りのフレームには最後のロゴデータを使用します。

delogomod.auf
delogomod.dll (avisynth版)



【使い方】

(1)delogo.aufと同じフォルダに「logodata.ldp」というファイルがあるはずなのでコピーして複製を作ります。

logom1.jpg


(2)コピーしたファイルをとりあえずここでは「animeplus_aviutl.ldp」とでもリネームしておきます。

logom2.jpg


(3)Aviutl.exeと同じフォルダにあるAviutl.iniを開き、[透過性ロゴ]の項目を探してlogofileのパスを
 先ほど作成したファイルに書き換えます。

logom3.jpg


(4)Aviutlを起動後、透過性ロゴのオプションを開き全てのロゴデータを削除します。
logom4.jpg

(5)ロゴ解析フィルタで動くロゴを1フレームずつ解析していきます。
 ロゴを解析後、「送信」を押すとldpファイルにロゴデータが追加されていきます。
logos.jpg


(6)ロゴファイルが完成したら再びAviutl.iniを開き、[透過性ロゴ]のlogofileを元のファイルパスに戻します。
 代わって[透過性ロゴmod]の下に
 logofile0=動くロゴファイルのパス
 を追加します。

logom5.jpg


(7)Aviutl起動後、透過性ロゴmodのコンボボックスから登録したldpファイル名を選択します。
logom6.jpg


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

putin

Author:putin
ロゴ関係ソース

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる